画像: 中目黒のイタリアン「クチーナ ブッファ(cucina Buffa)」で女子会

中目黒のイタリアン「クチーナ ブッファ(cucina Buffa)」で女子会

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日、知人がオススメする中目黒のイタリアンで開催された女子会に参加してきました。
チーズとイチジク
熟した愛知県のイチジクを
イタリア最古の羊乳で作られたチーズ“ペコリーノ・ロマーノチーズ”でサンドしてます。
甘味に塩味と旨味が加わり、良いおつまみになりました。
モンテベッロ スプマンテ ブリュット
イタリア・ヴェネトの爽やかな辛口スパークリングワインで乾杯しました♪
山梨の桃と鴨のハム
もうメイン(セコンド)かと思う程の嬉しい量!
鴨は、ハムとレバーテリーヌにし、
桃は果肉とリキュールのジュレにするなど、
調理法を変えて一皿に緩急がありました。
鴨とフルーツが合うのはわかりますが、このひと手間に驚きます。
お肉と果物を同時に食べられながら、
付け合せには食物繊維が豊富な新ごぼうまで、添えられていて、
女子好みの一皿でした!
江戸前穴子のフリットと野菜
魚介類は、築地で仕入れているので、
日によってどんなお皿になるかはお楽しみ。
山椒のピュレが穴子に良く合います!
野菜は、トマト、ばってん茄子、甘長唐辛子、とうもろこし、茗荷、枝豆など、
彩と食感が豊かな内容です。
カネロニ
パスタは、挽き肉たっぷりのラザニアをぐるぐる巻いたような“カネロニ”でした。
ホワイトソースの濃厚さが、パスタとの相性抜群でした。
仔牛の香草パン粉焼き
骨付きの仔牛にパン粉をつけて、炭火で遠火で焼いてました。
香ばしい香りと肉々しい旨味がギュッと詰まってました。
ズッパイングレーゼ
ドルチェは、スポンジ生地に“ALKERMES(アルケルメス)”というリキュールを
たっぷり浸み込ませたものでした。
アメリカンチェリー、生クリーム、カスタードクリーム、チョコレートといった
甘さを活かしつつ、リキュールによって味に深みがありました。
これほど、多皿でずっと同じコースでないと仕入れから仕込み、盛り付けに至るまで
慣れるのが大変ですが、
毎日コース内容が違うんですって。
シェフは10代後半頃まではサッカー選手だったんですって。
だからか、柔軟に対応できるんですね。
味だけでなく飽きのこないメニュー、しかもお任せコースはこんな素敵な内容で5000円(税抜)
という驚き価格で、それに合うワインがセラーに色々あるから、
リピーター率が高いということがわかりました。
この日も満席状態で、笑顔あふれる空間でした。
中目黒 お任せならではの 多種イタリアン ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.