画像: フレンチ@予約困難店「フロリレージュ」3回目のランチで思うこと。

フレンチ@予約困難店「フロリレージュ」3回目のランチで思うこと。

「おいしい」と出会い、
「おいしかった」と満足するのは意外に難しいかもしれない。
たいてい、気の合う仲間と食事するので
全ては「楽しかったね」って、素敵な時間になるのですが、ね。
本日はフロリレージュのランチへ
新生して2ヶ月が過ぎ、相変わらずの予約困難、人気店。
「おいしい」と出会え、「おいしかった」といつも満足させてくれる。
とはいえ、
ランチかディナーか。少人数か、多めか。カウンターか、個室か。
その店との相性を分析整理してリピートしていくのですが、
フロリレージュは多面的な顔があり迷ってました。
で、今日は3回目。4名でカウンター席(コーナー)のランチを頂きます
●投影 枝豆
籠盛りでわっさーと登場したかと思いきや・・・
「召し上がれるのはこちらです、お気をつけて♡」
バレてる・・・
何も言われなかったら、きっと下に敷かれた枝豆(生の飾り)に手を出してそう。
で、ちょこんと手に取った「枝豆」は・・
廻りが枝豆ペーストのニョッキで、中に枝豆クリーム
そして、驚く事に・・・
ちょこんっと、横に添えられているのは「ビール(が入った)バター」
すなわち「最初はとりあえず、ビールと枝豆!」ってことでした。
このセンス、素晴らしすぎます。
続く料理は
●リフレッシュ 鰹
キーンと冷えた真っ白い粉のような・・・
トマトのガスパチョです 冷え冷え
トマト色したガスパチョ、トマト、鰹、ハーブ
自家製 酒粕酵母のパンと一緒にいただきます
冷えた温度は、鰹の脂もスッキリさせてくれ、次へのお皿の食欲に繋がる
「こんな事してくれちゃって、も~!」
と嬉しいやら、脱帽やら。
次のお皿は今回で一番、ガツンッときたかなぁ・・・
● ヘテロ 牡蠣
「ヘテロ」とは「異性愛者」という意味でよく用いられてたりします。
ここでは「異なる温度、異なる食感、異なるもの」で一皿に仕上げた~とでも言いましょうか・・・
牡蠣は海苔を纏って揚げられ、
冷たーいおかひじきが添えられ、
レモンの焼きメレンゲがトップに。
サクサクサクッ
ふわ~
パリッ グシャッ
とろ~ん
「異音」が快音となる料理だ
フライに添えられた オカヒジキは冷たく、
焼かれたレモンメレンゲはほんわか温かい
そして、牡蠣エキスを入れたミルクは
すっごく熱い!
「異温」が快音になる料理だ
「ヘテロ 牡蠣」 楽しく、おいしすぎる一皿だった・・・
食べ終えるのが悲しかった、あと5個くらい食べたかった・・・
そう思いながらも次はお魚のメインへ
●単色 甘鯛
単色=白
甘鯛の白身をふんだんに活かしながらも、皮はウロコ焼き。
間に白いレンコンを挟むことで皮のパリパリが保たれていた
●分かち合う 牛
4人で分かち合う、本日の牛は経産牛
(赤ちゃんを産んだことのある牛、つまりお母さん牛。
一般の肉用牛には無い風味や旨みがあり、脂肪は少なめ赤身がおいしい)
お肉の量はここでアピール。
「4人ともガッツリ食べます」
「かしこまりました!川手に申し伝えます!」
ふふふ・・・楽しみ
まず、登場したのがガルニチュールのお皿
手前の透明な液体はトマトのエキス、左の赤っぽい粉は赤ワイン
このソースと岩塩とを自分好みで混ぜながら食べる
登場したスタイルは・・・
メイソンジャーとかコンフィチュール的な瓶で・・・
OPEN!
燻製の薫りが広がる
そしてしっかり厚みあるお肉
どっこいしょ
こらしょ
お皿にうつして、さぁ、いただきます!
もぐもぐ
無言になるおいしさ・・・
経産牛、確かに赤身が濃くて柔らかくちょっとミルキー
トマトエキスと赤ワインパウダーととても合う
今日はアルコール無しでしたが、
最初のビールバター、ここでも赤ワインパウダー。
おいしさが募ります。
●再生 ミルク
最初のデセール
沖縄のパイナップル、ミルクプリン、
左はココナッツが混ざってる
ミルキー
パインの繊維から、じゅわっとこぼれる甘みもおいしい
●素朴 白インゲン豆
最初にバターを塗って香ばしい香りが漂う銅ケースが登場した
そこに、スフレの原型が流し入れられて・・・
しばし待機
その間に 白いんげん豆のアイスが登場・・ もう食べたいな~と思っていた頃に・・・
ぱかっ。
先ほどの銅ケースの中でスフレが完成
「うっわ~」
「いいね!おもしろいね!」
「ふくらんでる~」
タイトルにあるように、それはスフレとしては「素朴」かもしれない。
だからこそ直球ストレートな喜びとおいしさを感じた
そのまま食べてもいいし、
白いんげん豆アイスと食べてもいい
最後はフレッシュハーブティーと・・・
ミニャルディーズで 食後のお喋りを・・・
フロリレージュ
今回のランチでも
感動的なお皿を含めて7皿堪能。
「おいしい」と出会い、
「おいしかった」と大満足
で、今の所ですが・・・
フロリレージュは、
(個人的には)カウンター4名でランチ。
このパターンで、次回も伺ってみようかと思います。
川手シェフ、ご一緒してくださった皆さま
本日もありがとうございます。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.