画像: 「目黒雅叙園 和のあかり×百段階段」

「目黒雅叙園 和のあかり×百段階段」

目黒雅叙園で開催中の「和のあかり×百段階段」に行ってきました。
百段階段に飾られたあかりの数々、とてもステキでした。
雅叙園て誰のお屋敷だったのかなぁって思ったら、
岩永 省一という方なんですって。
現在雅叙園は外資系が持ってて、メンテナンス大変だろうなーって思う。
で、
今回の企画のすごいところは、
様々な企画が行われてきた雅叙園の百段階段が、今回撮影可能なんです!
フラッシュをたかないなどの制限はありますが、百段階段を撮影できるってとても貴重な体験です。
そこに飾られた灯りとのコラボもとてもステキなので、ぜひ一見の価値ありです!!!
今回はあかりのイベントなので、館内の陽の光 完全シャットアウトで。
それでもとても幻想的でした、百段階段。
階段を最上階まであがってから、降りてくる感じで見てました。
秋田の竿灯やねぶた祭りに代表される、夏の祭事とあかりをテーマにした企画でした。
最上段にあったのが、今回の目的、山口・柳井の金魚ちょうちん。
侍ブルーが混じっておる(笑)
山口県柳井の町には、このちょうちんが七夕、ずらっと並ぶのだそうです。
岐阜・美濃の和紙のあかりもすごかった。
まさか、これが紙!?
っていうくらいに繊細で。
植物を使ったあかりもすごかった。
造形作家 川村忠晴氏の作品。
草木は道端にでもありそうなものばかりで、だから尚更、感動が増しますね。
こちらも迫力!
ねぶた!!!!初めてみたーーー。
吸い込まれそうなぐらい、表情が生き生きしてた。
秋田竿灯。
いつか本物、見てみたい。
この竿、50キロもあるんですって。
肩とか手に乗せてたよねぇ、確か!?
他にも沢山の展示がありましたよー!
会期はまだまだあります!
目黒雅叙園 百段階段
2015年7月3日(金)~8月9日(日)
詳細はホームページ
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.