尾崎牛で激辛 ヒーハー!@渋谷bed

辛いものに強い方だ。(と思う)
初めて友人が主催している「ヒーハー会」に参加した時も
「もっと辛いの大丈夫」と思った。
上には上がいる.
ヒーハー会主催者 金成姫(きむそんひ)ちゃん、jyaffaさん、
そして今日主催の田辺晋太郎さんにはかなわないかもしれませんが。笑
尾崎牛と激辛イタリアンを楽しむ会@「渋谷 SHIBUYA bed」
本日は晋太郎さん主催です
「今日、辛くないものはパンのみ」
料理長の言葉に一同、「イエース!ヒーハー!」
(テンション高いチームです)
飲むヨーグルト。
最初に飲んでおくと胃が楽、との事。
私は結局飲まなかったけど・・・
(お腹いっぱいになりそうで)
いくわよ、ヒーハー!
●尾崎牛の炙りカルパッチョ
青とうがらしと柚子胡椒のビネグレット
お皿が赤いせいか、見た目だけでヒーハーな一皿。
お肉は贅沢な尾崎牛
むやみに辛いのではなく、きちんとおいしい
しかも、全メニューにワインのペアリングつき
シャトー・モン・レドン ライラック
この会は料理長が一番ヒーハーかもしれない
料理を作る湯気とともに辛みが目にしみそう
●イサキと大粒あさりの激辛アクアパッツア風
魚介が苦手なJyaffaさんには、チーズとトマトとパンチェッタの激辛
アクアパッツァで軽くヒーハーしている頃。
キッチンからヒーハーな香りと空気が流れて来た
辛みは不思議だ。
あまりの辛さだと「空気が辛い」
いわゆる、目にしみる感じ
チキンを漬けて、上にもかかっている自家製の激辛・・・
これらが、、、
こんな風になり・・・
バッファローウィング(手羽)に漬込まれ、上からもかかる。
ちなみに、先ほどの唐辛子でたった3人分。
おそらく通常の6倍以上の辛さかと。
●激辛自家製バッファローウィング
ブルーチーズのディップと野菜のイタリアン仕立て
野菜は自家製ブルーチーズクリームソース
晋太郎さんが差し入れてくれたコリアンダーチャツネ
パクチーとガーリックとレモンが入っている
とても好きな味、買いたい。
こういう味変があり、いっそう辛いものがおいしく食べ進む
この辺りから、白をおかわりする人、
赤にチェンジする人。
私は赤にチェンジ。
これだけ辛みが続いても「うん、おいしい」。
辛いもの好き、ヒーハー メンバー
●自家製パンチェッタと濃厚卵の辛ボナーラ
一見普通に見えるけれど・・・
ひとすくい。
わらわら入っている唐辛子・・・
それでも、うま辛い!になっている。
この辺りで「辛くてもういらない~」という人も何人かは・・・
メインは
●尾崎牛のミラネーゼ
フルーツトマトのホットソース
ホットソースは名の通り辛いけれど
尾崎牛そのものは、そんなに辛くない。
シェフの全員への愛情。なのでみんながおいしく完食
イタリアンジェラートは、フレッシュ唐辛子を齧りながら
甘辛を楽しむ
私は最後にキリッとコーヒーの苦みで〆
ナハトマンのエスプレッソカップ。
限定版で、私欲しかったけど、買えなかったものだ!うらやましー
尾崎牛と激辛イタリアンを楽しむ会
料理長のお陰で、「うま辛い」世界観を堪能。
2回目の参加にて「ヒーハー」を楽しめました。
一番人気は最初のカルパッチョでしたが、
どれも本当に辛さが絶妙でおいしかったです。
「渋谷 SHIBUYA bed」
バーでもなく、レストランでもない。
お客様とともに楽しむROOM的な存在。
渋谷の喧噪の中、大人がちょっと集まって楽しめる空間。
今回はヒーハー会で伺いましたが
また次回もヒーハー?それとも肉食会?
楽しい企画で伺いたいと思います
料理長・支配人、そしてヒーハー会メンバーに感謝の夜。
また伺います
#激辛グルメ#イタリアン

ameblo.jp
画像: 尾崎牛で激辛 ヒーハー!@渋谷bed

This article is a sponsored article by
''.