第7回激辛女子会ヒーハー!尾崎牛と激辛イタリアンを楽しむ会@SHIBUYA bed(渋谷ベッド)

どうも!
激辛女子の姫です。
今回ご紹介するお店は、
肉コンシェルジュでたべあるキングつながりの田辺晋太郎さんオススメのイタリアンです。
激辛女子会の為に、田辺さんがお店に提案し、
特別メニューを飲み物込みの予算でご用意くださいました♪
トゥ
外観
場所は、渋谷東急本店の近くにあります。
こちらは、尾崎宗春氏の産み出す宮崎の尾崎牛を味わえる肉イタリアンとして有名です。
ワインボトルとグラス白ワイン
今回のワインは、ソムリエの宮地氏セレクトで、このように激辛料理に合わせたラインナップ。
あえて、スパークリングからではなく白ワインから推奨されました。
激辛料理を食べるときに、発砲系のドリンクを飲むと、
胃がびっくりするから、このような流れは、アリだと思いました。
尾崎牛の炙りカルパッチョ 青唐辛子と柚子胡椒のビネグレット
早速お肉の登場!
お肉の旨味は、青唐辛子のピリ辛パンチに負けず、
脂身がしつこくなくて柔らかいので、サラダ感覚でいただける前菜に向いてました。
これぞ、カラパッチョ(勝手に愛称)!
自家製パン
このふかっとした生地のパンは何と全て手作りなのですって。
蜂蜜を練りこんだ甘みのあるパンがトリュフバターが合いますこと!
宮田シェフ
唐辛子を取り出すと、辛さが手にまでくるようで、
ビニール手袋着用で一生懸命お料理をされてました。
イサキと大粒あさりの激辛アクアパッツア風
宮田シェフのポリシーとしてまず旨味を引き出してから辛さを調整するようです。
だから、魚介の出汁がしっかり味わえ、後から辛さが追いかけてきました。
適度な汗をかき、一足先に夏の海辺を散策した気分でした。
激辛自家製バッファローウィング、ブルーチーズのディップと野菜のイタリアン仕立て
こちらは、田辺さんが、どうしても食べたかったリクエストメニューです。
手羽の素揚げに辛いソースをまぶしたアメリカのお料理をお店ならではの激辛にアレンジしてます。
骨周りが濃厚でやみつきになります。
横に添えられた野菜は箸休め的な辛さ無しでワインに合わせやすいテイストでした。
自家製パンチェッタと濃厚卵の辛ボナーラ
ピリリとした胡椒と数種類の辛味をもたらす唐辛子を加えたソース、
そして濃厚な卵が平打ちのパスタによく絡み、
絶妙なハーモニーを奏でてました。
尾崎牛のミラネーゼ フルーツトマトのホットソース
肉厚でありながら火入れが素晴らしく美しい断面ですこと!
揚げた時のお肉の状態を楽しむべく、まずはそのままカツレツをいただき、
お好みで味変として、トマトをベースに辛さを増したソースをつけていただけました。
揚げ物に合う胃もたれ感が少ない肉質ですし、
食欲を増進させるようなソースの効き目もあり、
二切れあっという間に完食しました☆
小さなイタリアンジェラート
ドルチェは、甘いものかと思いきや、
唐辛子がのってました。w。
辛い物づくしのフルコースを満喫することができました。
集合写真
今回は、引率の先生という枠の男性やお店のお客様もいらっしゃる貸し切り状態で
カウンター席が全て満席の人気イベントでした。
次回は、四川料理かしら?
楽しみです。ヒーハー!
渋谷にて 旨辛にはまる イタリアン ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp
画像: 第7回激辛女子会ヒーハー!尾崎牛と激辛イタリアンを楽しむ会@SHIBUYA bed(渋谷ベッド)

This article is a sponsored article by
''.