NHK朝ドラのヒロインはパティシエール(女性パティシエ)ということで、名古屋の老舗自家焙煎珈琲店カフェタナカは大注目。二代目であるオーナーパティシエール田中千尋シェフのケーキはフランス菓子と洋菓子が見事にマッチング。フランスで修業してきたその経験が先代の「田中珈琲」から「カフェタナカ」へと変貌させた。

画像: 薄くキャラメリゼされパリパリとした食感が絶品クレームブリュレ

クレームブリュレ

とろける食感にほのかな苦味のキャラメリゼがアクセント。甘さは控えめで大人のためのクレームブリュレ。

画像: 那須御用卵の深みある味わいにバニラビーンズが香る。

那須御用卵の深みある味わいにバニラビーンズが香る。

画像: オーダー後にブリュレするので、パリパリとした食感がたのしめる。薄くキャラメリゼされているから、クレーム生地となじみも良く、凄く美味しい。

オーダー後にブリュレするので、パリパリとした食感がたのしめる。薄くキャラメリゼされているから、クレーム生地となじみも良く、凄く美味しい。

大粒苺のアンナトルテ

サードウェーブコーヒーで話題となっている、アメリカで開発された最先端の珈琲抽出器(名古屋初導入)「スチームパンク}で淹れた、コロンビア アンデスコンドル(スペシャリティーコーヒー)と共に「大粒苺のアンナトルテ」を。

画像1: 大粒苺のアンナトルテ

ザッハトルテ風のアンナトルテ。ウィーン菓子でいうアンナトルテはナッツの効いたチョコレートクリームとアンナジュース(オレンジピールとリキュール)で香り付けしたチョコレートケーキだが、カフェタナカはショコラ生地にガナッシュ(生チョコレート)クリームとプラリネ&ショコラをコーティングしたオレンジ香るチョコレートレーキ。珈琲にとっても合うケーキです!!

画像2: 大粒苺のアンナトルテ

This article is a sponsored article by
''.