画像: 「FLAMME SCENE」仏語で「炎のシーン」という名のステーキレストラン

http://ameblo.jp/otokonosweet/entry-11997062640.html

【短角牛サーロインのステック・キュイジーヌ】久々に赤身肉に酔いしれた。炭火焼、ビステッカという日伊の技法と、ポワレ(加熱)~ルポゼ(熱源から離し休ませる)~ポワレ(再加熱)というフレンチの低温調理をとりいれ、レアでしっかりと赤身肉のジュ(肉汁)、旨味をとじこめるという「Steak Cuisine(ステック・キュイジーヌ)」。今夜はその短角牛サーロイン350gで再訪確実アメージングう~じんぐ!!️。次回はフィレも!!(笑)日本の肉シーンは塊肉ブームでステーキが注目されている。そんな中でビステッカといった「肉イタリアン」が巷でアツイが、ついに日本のフレンチにも「肉フレンチ」が登場だ!肉の旨味を味わうための素材は、脂肪のサシが身上の黒毛和牛ではなく「短角牛」。 そのサーロイン、リブロース、フィレ ...

This article is a sponsored article by
''.