画像: 「塩路軒」に京都の、いや和菓子への矜持を老舗以上にひしひしと感じる

http://ameblo.jp/otokonosweet/entry-11990427208.html

京都の、いや和菓子への矜持をひしひしと感じる「塩芳軒」。前述した、日本における和菓子「万頭」をもたらしたお菓子の始祖「林浄因」(林浄因参照記事のコチラ) の流れを汲む「塩路軒」から「のれん分け」により、高家由次郎氏が明治15年に「塩芳軒」を創業。墨染め天竺木綿を屋号が染め抜かれた「長のれん」は分家の証。京都では明治創業では老舗の部類に属さないそうだが、その店構えやお菓子から、京都の、いや和菓子への矜持を、老舗以上にひしひしと感じる「塩芳軒」。俺は特に、塩芳軒の「餡」 ...

This article is a sponsored article by
''.