画像: HENRI LE ROUX(アンリ・ルルー)の新作クイニーアマン

http://ameblo.jp/otokonosweet/entry-11935203185.html

コレ! フランスショコラ界の父と呼ばれる「HENRI LE ROUX(アンリ・ルルー)」は、世界中にC.B.S(塩キャラメル)ブームもたらした、ショコラティエ&キャラメリエ。バターと砂糖のお菓子といえるクイニーアマンにブームとなったC.B.Sを一粒包み込む、そのまさかの掟破り的な手法で2013年に登場するや瞬く間にスイーツ党を魅了したのが「クイニーアマン・オ・C.B.S」だ。ブリオッシュ生地を折り込み、バターたっぷりのカリッとした生地にC.B.Sが溶け込み、甘味と塩気で旨味を喚起する。ブルターニュ語で「バター(amann)」のお菓子(kouign)」 といわれる伝統的なものへのあくなき創造性は「クイニーアマン・オ・C.B.S」にとどまらず、カカオパウダーとカカオマスの生地にキャラメル・ショコラを包み込んだ「クイニーアマン・オ キャラメル・ショコラ」も生み出し、人 ...

This article is a sponsored article by
''.